line_star3.png

Information(2017.7.1)

期間限定7月3日まで最大15%オフ!
今、下記リンクと左カラム下のバナーからiHerbに入店してお買い物をすると、通常の5%プラス10%で最大15%オフになります

iHerbトップページへ


今40ドル以上の注文でヤマト運輸と佐川急便の配送料が無料です!


iHerbでは、サプリメントの本場アメリカのメジャーブランドの商品を格安で購入できます。
また、 iHerbで注文すると購入額の5%のロイヤルティクレジットがもらえます!
ロイヤルティクレジットは、次回の注文時に使えます(最後に購入した日から数えて60日間有効)。
ぜひ1度お試しください!



《お詫び》
iHerbさんのサイトがどんどん進化しているのと、送料規定や割引制度が時々変わるので、記事の中には現状にマッチしてい無い部分が多々あります。
また、以前ご紹介した商品記事が仕様変更や廃盤・価格改定等で現在と違っていたり、リンク切れになっている事もあるかと思いますが、過去記事の修正まではとてもできないので、そのままになっています、すみませんm(__)m

line_star3.png



2012年11月21日

イチョウ葉エキス シュワーベン製もあった!

脳のアンチエイジングには、やっぱギンコ(イチョウ葉エキス)

私もだんだんと物忘れが多くなってきたので、以前1度試しました

結果は◎!

1ボトル飲み終わらないうちに、忘れなくなってきたっていうか、一瞬あれっ???となってもすぐに出てくるようになったからすごい!(*^^*)

でも、1ボトル終わってそのまま半年以上飲まなかったら、最近また出てこなくなってきたので久々に注文

当然、内容成分も評判も良いのはもちろんなんだけど、安くてたくさん入っていた方が良いのでこれ(笑)

Doctor's Best, Extra Strength Ginkgo



  Doctor's Best, Extra Strength Ginkgo, 120 mg, 120 Veggie Caps $6.72




で、ブログ記事を書くために、あらためて国産の製品を見始めた私

アサヒアンドヘルスケアのシュワーベンギンコ120 1粒120mg 60粒入りで10000円

高すぎ (@_@)


ま、他にお安いのも有ったけどね


ちなみに、このお高いギンコは
ドイツ・シュワーベ社が開発し、特許を持つイチョウ葉標準化エキスがEGb761
(臨床試験データはこのEGb761を使って出されているので、EGb761は医薬品グレード)

でもって、EGb761の日本販売権をアサヒアンドヘルスケアが買って『シュワーベギンコ』という商標で販売しているものです

そりゃーね、どうせなら医薬品グレードの方が良いけど、1万円は高すぎよー


じゃぁっていうので、海外製品で探したら、ネイチャーズ・ウェイのがそれらしい

もちiHerbにもありました

Nature's Way, Ginkgold
Nature's Way, Ginkgold, Clinical Ginkgo Extract, 60 mg, 150 Tablets $25.51


前に見た時には1ページ目に無かったのか、高いのでまったく目に入らなかったのか(笑)

1日に120mgとすると75日分で、2000円ちょっとくらい

この差はなんなのよ!って感じですよね
あんなに高いのは、販売権がかなり高額だったからなんでしょうか・・・


さて、このネイチャーズ・ウェイのギンコ、どこにもシュワーベン製って書いてないのね

あらら・・・記事にする手前、それじゃまずいっしょ

ということで調べました

Nature's Wayはマードック・マダウス・シュワーベ社のブランド名で、名前に入っているとおり、マードック・マダウス・シュワーベ社はドイツ・シュワーベ社と資本提携関係にある

Nature's Wayが、アメリカでEGb761をGinkgoldという名(商標?)で販売している
米国国立医学図書館 国立衛生研究所(だと思う)の資料から)


ということなので、間違いなくシュワーベン製です

シュワーベンギンコが欲しいけれど、1万円はねぇという方、朗報です、2000円位で買えますよー(*^^*)


さて、じゃドクターズ・ベストとシュワーベンでは何が違うのよ!?という疑問


一般にイチョウ葉エキスは、日本ではすべて食品扱いですが、ドイツなど欧州では医薬品グレードと食品グレードとあるそうです
で、臨床データーを取っていて医薬品グレードが認められているのがシュワーベンだけ・・・らしい

ギンコには「フラボノイド類を24%以上、テルペノイド6%以上を含有し、ギンコール酸の含有量が5ppm以下」という規格があり、その規格は当然だけど両者クリア

シュワーベン製のギンコの販売店さんによると・・・

フラボノイド24%、テルペノイド6%が黄金比率で、この配合比で物質が複合した時効果が発現する
で、EGb761は、この比率をきっちり標準化している

ギンコール酸の含有量も5ppm以下どころか、ほとんど検出されないレベル

なので、優れているんだそうです

もちろん医薬品グレードなくらいだから安全性は心配無いですね

ドクターズ・ベストは、
フラボングリコ28.8mg、テルペンラクトン7.2mg、ギンコール酸5ppm未満

と、有効成分は大め、多くちゃダメなのかどうかは?
何せシュワーベンの黄金比の話・・・あくまでも売る方の説明なので(苦笑)


安全性や品質については、Ethical Naturals社の ProfileProven という品質保証システムで保障されています

(・・;)わけわかりませんね(笑)

また頑張って英語のサイト見てきました

Ethical Naturals社
米国および国際的なサプリメント、飲料・食品市場への植物成分(エキス)の有力サプライヤー(供給元)

ProfileProven
Ethical Naturals社が持っている品質保証システムの商標

つまり、医薬品グレードでは無いけれど、食品としては品質は保証されているってことですね

iHerb ギンコ(カテゴリ)

さて、最近方耳から血流音が聞こえてくる私(--;)

Ginkgoldは耳鳴りにも効果があるみたいなので、次は試してみたい気もする

今回買ったドクターズ・ベストで、耳鳴りも良くなったら問題ないけどね


最後にギンコの摂取量は120〜240mg/日です
くれぐれも摂取量は守ってご使用くださいね

参考までに
厚生労働省 イチョウ葉エキスの有効性および安全性



ランキング クリックしていただけると励みになります m(..)m
にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ




iHerbでの初回のお買い物の時にELU340のクーポンコードを入力すると、お買い物の合計額から
5〜10$が割引されます

詳しくは『割引クーポンについて』をご覧ください



posted by Pawぱう at 19:28 | アンチエイジングサプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。